スキンケア

そばかすを消す方法!正しい美白セルフケアと美肌の作り方

そばかすは5歳あたりからでき始めて、思春期の頃にはくっきりはっきりと茶色いシミのようなものが肌に確認できるようになります。

鼻から頬のあたり、まぶたあたりにかけて小さく点々とできます。

そばかすは遺伝的な要因が高く、シミと同じで紫外線によって濃くなっていきます。

そばかすのセルフケアでは、「紫外線の対策」と「美白ケア」、「レーザー治療」が効果を発揮します。

そばかすとシミの違い

そばかすとシミは同じシミの一種で、そばかすは雀卵斑(ジャクランハン)とも呼ばれ、肌色素の薄い人がなりやすいという傾向があります。

一般的なシミは紫外線を浴びることによってできますが、そばかすは生まれつきの遺伝や体質によるものが一般的です。(紫外線によって進行する)

そばかすの特徴
  • 薄い茶色のものが多い
  • 三角形などの角のある形をしている
  • 数ミリと小さいものが多い
  • 鼻をまたいで両頬に
  • 生まれつき(3歳ごろ〜)できる

シミの特徴
  • 丸い形をしているものが多い
  • 紫外線によってできる
  • 顔以外にも様々な場所にできる
  • 薄茶色〜濃い茶色へ変化する
  • 中年以降に増えてくる

 

ある野菜を食べるとそばかすを消せる!?

なんと里芋をたべるとそばかすやシミに効果的というお話があるんです。

里芋は栄養素も豊富で豚汁や和え物など幅広く愛されている芋類です。里いもは実は炎症を沈めたり、発熱を抑えたりという場面で食されてきたのです。

これは実は里いもの「カリウムの含有量」にあり、芋類の中ではダントツのトップです。カリウムは、体内のナトリウムを排出させる働きを持ち、皮膚の細胞を活発にしてくれるんです。

また、皮膚を正常に健やかに保つために必要とされる「ビオチン、ビタミンC、B1」なども含んでいます。

また、トマトも1個あたりビタミンCが25mg(大きさによる)と豊富で、ビタミンE、食物繊維も2mg弱と豊富でシミの改善におすすめです。

そばかすをレーザーで消す方法

そばかすを手っ取りできるだけ早く消すには、クリニックでの「レーザー治療」が効果的です。

そばかすやシミなどは美容クリニックのレーザー治療で取ることができて1回約1万円でクリニックや使用するレーザー機種によりますが、1回〜数回の施術で消していくことができます。

レーザー治療をした部分はアフターケアも必要になります。

クリニックによって使用するレーザーの種類や、機械の種類が違いますのでそれぞれの美容外科クリニックのホームページでレーザー治療の詳細をチェックしてみましょう。

そばかすをメイクで消す方法

そばかすをメイクで消す(隠す)方法について。

そばかすは美白化粧品を使用しても、レーザー治療しても一瞬ですぐに消せるという訳ではありません。

瞬時に今すぐ消したい場合はメイクで消す方法がおすすめです。

メイクで消すには①コントロールカラー②コンシーラー③ファンデーションの3つをうまく使って茶色い色素を見えなくするメイク方法があります。

コントロールカラーを使って消す場合

コントロールカラーは、肌の色を補正するためのメイクアイテムです。

コントロールカラーを使ってそばかすやシミを消す場合は、オレンジ系やピンク系を使うのがおすすめです。

広範囲に均等な濃さでそばかすがある人に向いています。

コンシーラーを使って消す場合

コンシーラーはファンデーションよりもピンポイントでより高いカバー力を持っているメイクアイテムです。

クリームタイプや、リキッドタイプ、ペンシルタイプなどがありますが、広範囲にはよく伸びるもの(クリームやリキッド)がおすすめです。

ファンデーションを使って消す場合

ファンデーションで幅広のそばかすを消す場合は、事前にコントロールカラーを使い色味でコントロールすると、ファンデーションを厚塗りにしなくても綺麗にかばーしやすいのでおすすめです。

もしもファンデーションだけでカバーしたい場合、ぽんぽんと叩き込むようにつけるとそばかすを綺麗に消すことができます。

セルフ美顔器で消す方法

家庭用のセルフケア美顔器に「シミやそばかす、色素沈着」などに効果的なレーザー式の美顔器があります。

自分のタイミング、強度などを選びコツコツとそばかすやシミを薄くします。

おすすめその1はトリアスキンエイジングケアレーザー。

クリニックでエイジングケアで主に用いる「フラクショナルレーザー」技術を応用したスキンエイジングケアレーザーで明るく、ハリや潤いに満ちた明るい印象のお肌を目指す。

2クール終了。ダウンタイム中です。

肝斑があったので正直不安でした!でもトリア中は毎日シミがはがれおちていくのが目で見えてわかります。

私は肝斑とそばかすが酷いです!

私のシミの剥がれ方は大きなシミの中に小さなかさぶたがポツポツと浮き出て剥がれています。

夜レーザーをあててシートマスクを顔に貼り~ヒリヒリを軽減させます。

朝起きて又シートマスク~そのあと角質除去パットなる化粧水がタップリしみ込んでいるもので優しくなでると、薄茶色のものがたっぷりとれています。

年齢的にも1年位で皆さん良くなったと記載がおおいです。肝斑がたてに大きく広がり化粧してもそのシミが浮いてしまい顔の印象が良くないです。

でもあともう半年頑張ればこの黒いシミの帯もなくなってくれると信じて頑張ります。

病院で医療用レーザーはアクションが激しくて外出出来ない分早々シミが剥がれます。

トリアは家庭用なので時間はかかりますが・・・地道に頑張ります!

引用:https://www.cosme.net

:本格派家庭用脱毛器・家庭用美容レーザーをチェック

シミを消す方法まとめ

シミを消す方法は実際にとってしまう、うまくメイクで消すと言った方法があります。

クリニックでとってしまった方が手っ取り早いし楽ですが、少し勇気が必要なもの。

どちらの方法も女性の美を磨くためにはとてもいい方法ですのでぜひ、TRYしてみてね。

同じカテゴリのおすすめ記事